【AWS】Windowsの仮想Linux環境にAWS CLIをインストールする

投稿日: 2019/06/12

AWS 


WindowsPCの仮想Linux環境にAWS CLI(AWS Command Line Interface)をインストールする手順を紹介します。




環境

  • Windows10
  • Ubuntu
  • Python3.6.7
  • pip9.0.1

pipをインストールする

AWS公式「Linux に AWS CLI をインストールする」 によると、AWS CLIをインストールするには、pipというパッケージマネージャーが必要らしいです。

早速入れてみましょう。

Pythonで動いているようですので、Pythonもインストールします。


Pythonをインストールする

まずはPythonがインストールされているか確認します。

$ python --version
Python 2.7.15rc1

$ python3 --version
Python 3.6.7

もしPythonがインストールされていなければ、次のどれかでインストールしましょう。

$ sudo apt-get install python3

$ sudo yum install python3

$ sudo zypper install python3

pipをインストールする

Python3以上がインストールされている場合、pip3コマンドの使用が推奨されるそうです。

pip3がインストールされているか確認してみます。

$ pip3 --version
Command 'pip3' not found, but can be installed with:

sudo apt install python3-pip

なかったようなので、素直にエラーメッセージで教えてくれたコマンドを実行します。

$ sudo apt install python3-pip
... 略

$ which pip3
/usr/bin/pip3

$ pip3 --version
pip 9.0.1 from /usr/lib/python3/dist-packages (python 3.6)

pipのインストールが完了しました。


AWS CLIをインストールする

AWS CLIをインストールする

さて、本題のAWS CLIをpipを使用してインストールしてみましょう。

$ pip3 install awscli --upgrade --user

--userは~/.local/binにawsコマンドをインストールするためのオプションのようです。

グローバルにインストールされたバージョンに左右されないようにするためとのことです。


環境変数を書き換える

AWSコマンドのパスを通すため、環境変数を書き換えましょう。

~/.bash_profileに以下を追記します。

export PATH=~/.local/bin:$PATH

※環境により.zshrcか.tcshrcなど適宜。


設定を反映するため、sourceコマンドも実行しておきます。

$ source ~/.bash_profile

AWS CLIがインストールされているか確認

AWSコマンドが使用できるか確認しましょう。

$ aws --version
aws-cli/1.16.175 Python/3.6.8 Linux/4.4.0-17134-Microsoft botocore/1.12.165

$ which aws
/home/XXX/.local/bin/aws

これで、AWS CLIのインストールは完了です。


AWS CLIの初期設定をする

実際にAWSコマンドを利用するためには、アクセスキーとシークレットキーを設定する必要があります。

方法としては次の4つがあるそうです。

  1. IAM Roleを利用する
  2. クレデンシャルファイルを作成する
  3. 環境変数を設定する
  4. 実行時に渡す

今回はAWS公式「AWS CLI のかんたん設定」を参考に、サクッとaws configureで設定してみます。

$ aws configure
AWS Access Key ID [None]: XXXXXXXXXXXXXXXX
AWS Secret Access Key [None]: XXXXXXXXXXXXXXXX
Default region name [None]: ap-northeast-1
Default output format [None]: json

設定完了されるとホームディレクトリにファイルが作られます。

$ la ~/.aws
config  credentials

これで、AWS CLIが使用できるようになったかと思います。


ちなみに、複数のプロファイルを管理したい場合はaws configure --profile user2とすれば良いそうです。


終わりに

WindowsPCの仮想Linux環境にAWS CLIをインストール手順でした。

実際はどの環境でも似たような手順で行えるかと思います。


コマンドラインを使えるようになると、一気にできることが増えますね!

良きAWSライフを!




このエントリーをはてなブックマークに追加     

profile
profile

洋ちゃん

@yo-chan

システムエンジニアをしています。二児の父です。

夢は天井から床までビッシリ並んだ本棚のある書斎を作ること!